Twitterのハッシュタグ企画「ファンタズマコロッセウム」のWikiです

主催者の呟き、募集した用語など様々な用語をまとめました。
一部間違いがあるかもしれません。

アホ
 国王の事。主に騎士長が用いる。当代のレオストルム=J=ジークランドのみを指しており、
先代などには用いられていない。尚、先代は「脳筋」と言われていたらしい。因みに「国王」と書いて「アホ」と読む。

医務室
 コロシアム内にある闘士や観客が訪れる医務室の事。複数の医療スタッフが所属しており、深夜の急患等に備えて誰か一人は常駐している。
元闘士であり、右腕、右目を喪失しているゴダイも定期的に通っている。時折卑猥な声が聞こえる事もあるが、そっとしておこう。

隕石魔術
 王城騎士長の執務室に定期的に落とされる岩石と炎の混合魔術。
第三騎士団団長モルガナの手によるもので、毎回すげなく撃墜されている。




騎士共同墓地
 騎士が戦死するなどした時に眠る場所。特別な事情がない限り騎士は全てこの墓に入る(引退した騎士については任意)。
騎士団本部近くにあり、騎士長ヴィクトルの浄化の影響下に置かれている為清浄で淀みのない空気に満ちている。

騎士の魂リッター・ズィーレ
騎士の誓いの証。それぞれを象徴するデザインを施されたもので、多くはペンダント等に加工される。
贈った者の盾であり剣である、との誓いを籠められており、告白以外にも友情や絆の証として贈られる場合がある。なんにせよ特別なものである。

近衛
 国王の側近。政や外交等も行う閣僚とも言える立場の者をさす。ヴィクトルもある意味ここにあたる。
現状明らかになっているのは二人だが、どちらも国の外、あるいは中にずっといるため目にする機会は殆んどない。

コロシアム女性闘士伝説
コロシアムで囁かれる、伝説の女性闘士の都市伝説。実際には存在していないが、
コロシアム運営上層部には上位闘士顔負けの実力を持った女性がいるため彼女が闘士を張り倒している様を見て勘違いされた可能性が高い。

コロシアムランキング
 コロシアムでの戦績に応じてその強さを順位化されたもの。コロシアムの公認ではなく、
あくまでもマスコミ他が自発的に発行しているものである。闘士の間でもある程度認知されており、その真ん中には常に奴の名前がある。



ジークリア
 ジークランドの王都。王城とコロシアム、そして騎士団の本部を擁する国の中枢。当然ながら人口も王国内で最も多く、
コロシアムの関係もあり常に活気に溢れている。メインストリートの酒場はいつも闘士達の笑い声と怒号で賑やかである。

ジークランド
 ファリファスに存在する国の一つ。王政を敷いており、恵まれた気候と隣国との距離もあって戦争などとは無縁の国。
コロシアムが名物であり、国の守りとなる騎士とコロシアムの闘士を併せるとそこらの国家では太刀打ちできない兵力になる。神器の存在もあり更にヤバい。

神器
騎士団が管理する強力な兵器。始祖神器を解析し、模造して開発された。威力は絶大だが使用したものには代償が発生する為、
厳重に封印が施されている。騎士団ごとに最低一つを管理しており、使用には騎士団長及び騎士長の承認が必要。

水晶の星仙花
 鉱物としての性質を持ち合わせる植物。ジークランドの標高の一定以上の山にしか自生しない為非常に貴重であり、
魔術の媒体として一級品である為尚更高値がつく代物。王国が厳しく管理しており、認可が下りている場合にのみ採取が可能。

星断の剣
ステライルディア=リュミエール。神器『九刃の灼光』の九つの剣を束ねて放つ必殺の一撃。その輝く巨大な刃は星をも断たん威力で、
あらゆるものを切り裂く。見た目はもはやビームであるが立派に剣なので『そのまま薙ぎ払う事が出来る』。



代償
神器の使用により発生する身体的、精神的な症状を指す。痛みを失うものから記憶を失うものまで様々。
始祖神器の代償は『老化の停止』と『国外に出ると命を落とす』というものである。

+盾魔術
 魔法の中でも障壁、結界等が分類されるもの。第一騎士団長シューヴァが最も得意とする。敵の攻撃を防ぐことが本来の用途だが、
彼の場合は『盾で押しつぶす』『盾を足場にする』といった変則的な使用も行い、攻撃に転用している。

ちヴィクトル
騎士長が生成する小型の補助端末。軽い命令を実行でき、デスクワークに忙殺される騎士長の補助に用いる。
騎士長そのもののマナを用いて生成される個体と周囲のマナを取り込んで稼働するようにされた個体がおり、後者は愛玩用に数人に与えられ(あるいは盗まれて)いる。



ファリファス
 ファンタズマコロッセウムの舞台になっている世界の事。果てのない大地が途方もなく続く『無限の大地を有する世界』。
その果てを把握している者はいないとされる。魔物が存在する為、多くの国はその国土を高い壁で覆ってその侵入を防いでいる。


マイク
コロシアム司会、ガッツ=ガインゲルが使用する小型拡声器。魔術でクリアな音質を実現しており、媒体には非常に高価な素材が用いられている。
使用者本人の魔力を全く必要とせず、また魔術素養も必要ない、マナバッテリーと呼ばれる技術を使用しているハイテクの塊。

マナバッテリー
 マナリソースを固定した術式と魔法発動の術式を直列、連鎖起動させることで魔法の素養の無いものでも使用可能とする技術。
非常に高度な代物。便利だが、バッテリーの枯渇で魔術そのものが使用出来なくなる欠点がある。

マナリソース
 ジークランドにおいては魔法を使うのに必要なものがプールされているものを指す。空気中にも当然ながらマナはあるため大きなマナリソースとよべ、
人体も同様。ジークランドの地下には巨大なマナリソースが存在しており、始祖神器九刃の灼光の力を振るうのに用いられる。

魔法
 ジークランドでは世界に満ちるマナを用いて放たれる力の総称。ファリファスは広いため、マナを含めてとにかくその呼び方は多彩であり、
魔法という呼び名も通用しない国があるとされる。また、魔法のメカニズムも様々であり、ジークランド内ですらいくつも体系が出来あがっている。

魔物
 ファリファスに存在する人以外のもの。食用のものでも括りとしては同じだが『家畜』や『動物』と区別する場合がある。
人に害を及ぼすもの、及ぼさないものさまざまであり、強力な存在は『災害指定級』などと呼ばれる事もある。

元騎士団長達
 当代の騎士団長の前任だった者達。当代の騎士団長は皆アクが強く騎士長からも「特に個性的」と称されるが、
前任に目を向けてみるとボクシングスタイルで戦場を潰しにかかる鮫やら、竜を拳で昏倒させる白熊やら、ハニートラップで様々な伝説を生んだ獅子やらがいる。










×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu












闘士 騎士
料理人 治療人
スタッフ 商人 
その他 総合 






メンバーのみ編集できます